« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月 7日 (金)

脳を育てる親の話し方-3つの脳教育の誤解と3つの伸びる力

 「アタマは、使えば使うほど、よくなる」

 これは、Dr.KATOが幼いころ母親からことあるごとに、
 かけられた言葉です。

 この言葉をきかっけに、Dr.KATOは、自分なりの「アタマの使い方」を
 考え続け、医学部進学、そして、脳の研究へと邁進していきました。

 このように、小さな頃に、母親、父親に言われた言葉が、
 大人になっってからも心の支えとなっている人、
 自分を動かす原動力になっている人は、少なくないでしょう。

 そのくらい母親、父親の発する言葉には、
 こどもにとって大きな力があるのです!
 
 日光を浴びた植物がすくすく育つように、
 親の「言葉」は、こどもの脳が育つために欠かせない
 太陽のような存在なのです!

 赤ちゃんの脳は、生まれてきたときには未完成の状態です。
 その未熟な脳を持った子どもが、しっかりと生きられるような脳に
 育てる大切な役割を、母親、父親は担っています。
  
 しかし、

3つの脳教育の誤解
1. 「子どもの脳は3歳で決まる」
2. 「子どもの前頭葉を育てよう!(子どもの主体性を何よりも大事にする)」
3. 「早く言葉の教育を始めよう!」

 
 このような脳教育の誤解によって、無意識のうちに、
 子どもの脳にとってネガティブな言葉や行動をとりがちです。

脳を育てる親の話し方 その一言が、子どもの将来を左右する

■子ども脳の「伸びる力」を引き出す3つのポイント ■

 Dr.KATOがこれまでの研究を踏まえて、
 子ども脳の「伸びる力」を引き出すために押さえておきたいと考える
 ポイントは、次の3つです!

 1)幼稚園から小学校の間に、脳の基礎力(土台)をつくる。

 2)考え行動する力(脳の前側)よりも、
   まず見聞きする力や理解する力(脳の後ろ側)を育てる。

 3)言葉の教育より先に、自ら体験しながら試行錯誤する力を養う

 上記の3つのポイントを実践し、
 「何事にも本気を出して取り組む、成長しやすい脳を持った子ども
  を育てる」ためには、

 必ずしも学校や塾で優秀であることを望む必要はありません!

 大切なことは、人の教えを大事にして「自分の肥やし」にしよう
 とする子どもの姿勢を養うことです。

 その人間力としての素養を子どもに授けることこそ、
 親の担う大きな役割だろうと私たちは考えています。

 この具体的な方法については、書籍で説明していますので、
 ぜひお手に取っていただければと思います。

 人としての話し方の教科書として活用できます!!!

| | コメント (1)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »