« 脳の強化書-脳番地トレーニングメニュー66へ挑戦! | トップページ | 石川遼選手~親子で夢をかなえる態度~ »

2010年2月26日 (金)

アスリートが歩むべき王道へ向かう浅田真央選手に拍手

----今日、来るべき道を曲げずにやってきた人だけが見せる顔を見た!--------

今日は、朝からソワソワしていました。
午後1時になるのが待ちきれず、つい仕事中にテレビのスイッチを入れてしまいました。

今から7年前、アレクセイ・ヤグディンの熱烈なファンである友だちが
「この子に注目していて」と教えてくれた。

ヤグディンと言えば、フランスのブライアン・ジュベール選手をはじめ、
多くのスケーターに影響を与えてきた選手で、
「浅田真央選手にもずっと注目しているらしい」と話してくれた。

それ以来、ことあるごとに浅田選手の活躍を観てきました。
ここ1年以上、調子が悪かった浅田選手は、オリンピックを迎えて、
さすがに「すばらしい気合の入った顔、本当に美しい」と思った。
信念のある女性特有の美しさに見えました。

少女が目的のために信念を曲げず、大好きなフィギュアスケートのために、
勝負師の顔へと成長し変わってきたのです。

「きっとアスリートの脳番地を成長させて来たに違いない!」と心から嬉しくなった。

そして、今日の結果は、試合でトリプルアクセルを2回成功させるという偉業の達成だった。
ただ勝敗は、キム・ヨナ選手とスコア差があり銀メダルでした。

ところが、全くキム・ヨナ選手にすごさを感じなかったのは私だけでしょうか?

その理由を考えてみると、
トリプルアクセルを飛べないキム・ヨナ選手は、最高難度の技トリプルアクセルを迂回して
別な方法で、点を稼がないと浅田選手には勝てないことが予め明らかだったからです。

もし、私がキム・ヨナ選手の立場なら、「金メダルはとても誇らしい」と思う。
しかし、「浅田選手にフィギュアスケートで勝った!」とは、絶対に思えない。

「演技力では点を稼いでいない。さらに、2つのミスがあった。」
だから、銀メダルと人は言うかもしれない。

しかし、最高難度の技トリプルアクセルの成功をみて、最高に感動しました。
「これは、芸術だ!」と思いました。

「最高難度の技を2度目完璧に決め、
それで人に感動を与えることを演技力とはいわないのだろうか?」

アレクセイ・ヤグディンのライバル、プルシェンコ選手は、
「4回転ジャンプは、男子フィギュアスケートの未来だ。」と言った。

今、女子フィギュアスケートの未来を持っているのは、キム・ヨナ選手ではなく、
浅田真央選手だということが明らかです。

脳科学の新事実が明らかになる時、しばしば、その新事実をどう捉えるか?
「価値観の差」が顔をのぞかせることがあります。
サイエンスでは、最先端技術がいつもその分野を未来に導いています。

フィギュアスケートでも価値観の差を論じたくなる最先端技術を持った浅田選手の
これまでの歩みとこれからの未来へよどみない拍手を送りたい。

応援しています。
--------------------------------------------------------------------

|

« 脳の強化書-脳番地トレーニングメニュー66へ挑戦! | トップページ | 石川遼選手~親子で夢をかなえる態度~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳の強化書-脳番地トレーニングメニュー66へ挑戦! | トップページ | 石川遼選手~親子で夢をかなえる態度~ »