« 次世代ニューロマーケティング | トップページ | 新年の脳の疲れの取り方 »

2009年11月21日 (土)

MRI分析でわかった東大脳になる勉強習慣

 ■■■ 東大のイメージ ■■■
 
 「東大生」「東大卒」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

 この日本では、90%以上の人が間違いなく「頭がいい」と思うはずです。

 東大生でなくとも「東大受験を考えた」だけでも、
 まったく別世界のことのように思います。

 会社やクラスで出会った「東大」に関連する人たちは、
  「学業成績で成功体験をもつ」何だかもう別の生き物か
 と思うほど、学業成績がズバ抜けています。

 しかし東大生も同じ人間。
 DNAもさほど変わらず、持っている臓器も同じ。

 ではどうして、「勉強のデキ」がこれほどまでに違うのか?
 考えてみたことはありませんか?


 ■■■ 東大生と脳 ■■■
 
 では「東大生が万能の脳の持ち主か?」と尋ねてみましょう。

 この答えも、多くの人の答えは同じで「それはない」と答えるはずです。

 「あいつは東大には行ったけど、確か運動は全然だめだった」とか、
 「東大卒で頭はいいけど、取引先とトラブル起こすんだよな」とか、
 当然のように、
 他の人と同じような悩みを抱える場合がほとんどです。
 
 その秘密は、やはり“脳”です。
 得意なところがあれば、苦手なところがあるのが脳。

 脳は、赤ちゃんのころには、
 神経細胞と神経細胞をつなぐ“道路”がほとんどありません。

 生後、自分で使うことによってのみ、道路ができ、
 よく使う道路は、高速道路になっていくのが脳の成長です。

 機能や役割によって、約120個の脳番地に分けられる脳は、
 120個が順番に育っていき、
 得意な脳番地と不得意な脳番地に分かれていきます。

 オリンピック選手は、小さいころから練習を積んだ結果、
 20歳前に才能を開花させます。

 オリンピック選手なら、運動系脳番地に関連する脳番地を
 人よりも育んだのだろう、と容易に想像がつきます。

 それは東大生も同じ。

 では、東大生は、どの脳番地が著しく発達しているのでしょうか・・・?

 
 ■■■ 東大脳になる勉強習慣 ■■■

 MRI分析でわかった「東大脳になる勉強習慣」
 これが、Dr.KATOが約5か月ぶりの新著となる著籍のタイトルです。
 (12月1日発売・PHP研究所)

 東大脳も、東大脳ではない人も、
 脳にそろっている神経細胞の種類はみんな同じです。

 ただ、その育て方が少し違う。
 少し違うだけで、東大脳になれる。

  東大脳の決め手となる脳番地とはどこなのか?

 どんな勉強習慣にすれば、東大脳が育つのか?

 東大脳を育てる家庭環境とは?

 東大脳になりたい人も、
 東大脳から脱却したい人も、
 これを読めば、「勉強」との付き合い方が分かります。

┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━
┃脳番地の取扱いキーワード

 「東大脳を読んで、勉強との付き合い方をマスターする!」

60 秒 の 脳 科 学 ~ 脳 番 地 の ト リ セ ツ(取扱説明書)より抜粋 

|

« 次世代ニューロマーケティング | トップページ | 新年の脳の疲れの取り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次世代ニューロマーケティング | トップページ | 新年の脳の疲れの取り方 »