« 脳はこの1冊で鍛えなさい-「脳番地日記」無料ダウンロード- | トップページ | 脳番地日記で「もっと脳を自由に使おう」 »

2009年6月20日 (土)

脳死を語る前にすべきことあり「脳死の手前は何か?」

----------------脳死は脳ブームのようには軽く語れない----------------

「脳死とはなにか」について、このブログ(2009年1月19日付け)で
論じて以来、多くの方々にご質問いただきました。

今週は、多くの国民が戸惑ったのではないか?と思います。
脳死の法案の選択肢がいきなり公表され、あっという間に
法案の議決が行われた印象が残ったからではないでしょうか
医師であるわたしもその一人です。

脳死は、医師になってからもずっと念頭にあるテーマです。
脳死を取り巻く問題を議論する前に、
実は大きな壁があることを知らなければならないと思います。

その一つは、
脳死が人の死であるか?議論する以前に、
「脳死の手前は何か?」ということです。

今、法案の議論は、脳死の次が「人間の死」という議論です。
では、「脳死の手前は何か?」という議論が出てしかるべき
なのです。

ところが、2009年1月19日付けのブログにも書いたように、
脳死の手前は、「植物状態」と多くの医師も思っていたことが
どうやら覆される事実が積み重なってきているということです。

わたしも著作に書いているように、
外見上、植物状態と他人が見えても、学習できた脳機能がみつかり、
「植物状態」は、存在しないのではという考えにいたりました。

すなわち、「脳死の手前」と脳死を区別することが非常に困難だということです。
とりわけ、子どもではなおさら明確な診断が難しいことが明らかです。

医師になり最初に書いた論文は、英文誌Radiologyに1991年に
掲載された子どもと大人の脳死論文でした。

「脳死の手前は何か?」を議論することなく、
脳死が人間の死と「政治的診断」されるなら、それは、おかしい
ことではないか?思います。

二つ目の問題点は、
脳死を診断する側と脳死患者の臓器を提供する側の専門性の乖離です。
脳死を診断するのは、もちろん脳診断の専門性が高くなければなりません。

しかし、脳移植をするわけではなく、脳以外の臓器移植が目的となって
いるので、提供された臓器を使う医師は、ほぼ脳の専門家ではないという
ことになります。

脳以外の臓器専門家と、脳の専門家のズレがあります。

このずれは、優れたチーム編成だけで解消するかどうか問題が残ります。
だからこそ、脳死を「政治的診断」によって「エイ!ヤー」するほど、
脳ブームのように軽くはないと思うのです。

まだまだ、列挙すればきりがないほどの問題がありますが、
私には、脳には、生きている限り、脳としての形を保持している限り
可能性があるという事実の方が重要に思います。

本当に、
   政治があなたの死を決めていいとおもいますか?

--------------------------------------------------------------

|

« 脳はこの1冊で鍛えなさい-「脳番地日記」無料ダウンロード- | トップページ | 脳番地日記で「もっと脳を自由に使おう」 »

コメント

はじめまして

脳機能の可能性が未知数との御意見、共感しています。
(他者が他者の死自体を定義して良いのか否か旨も)

私としては、脳科学は、侵襲以外の前提であれば、
とても好きな分野です。

私は、独学ですが、2004年から、
オマキザルの認知能力を調べています。
有る程度データが溜まったので、
youtube上で動画紹介をしています。
宜しければ、ぜひ、遊びにいらして下さい!

それでは、御挨拶まで。
大庭 由美子

大庭様
関心を持っていただきありがとうございます。
私は、小児科医から出発しましたので、
脳の働きをその場で非信襲に知りたいという目的が
光脳機能計測法の開発につながっていきました。

サルも赤ちゃんと同様に、他者が認知しうる言葉が
成立していない存在に対して、
光脳機能計測法は、非言語の信号から認知機能を検出できます。

この方法によって実際に人が植物状態と思われても
学習機能を検出することができています。

しかし、私が1991年に見出したNIRS光脳機能計測法は、
fMRI、PETと同様、血液中のヘモグロビンを検出しています。
ところが、脳細胞はヘモグロビンや血流を消費しません。
したがって、脳の認知機能とNIRSやPET,fMRIによる脳機能ヘモグロビン計測の結果がずれて精度が十分でないのは当然でした。

脳細胞は酸素を消費します。
そこで、NIRS光脳機能計測をさらに進歩させて酸素消費を直接計測する技術COEを開発しました。
COEによる脳酸素消費の局在性と時間的経緯を検出することがもっとも人の皮質の非信襲脳機能計測法として感度、精度が高いと考えております。

但し、MRIによる脳画像鑑定は、いずれの脳機能計測法でも不可能な「脳の枝ぶりの成長を捉えて、
一人一人の脳の成長背景を知るとこができます。」
もちろん、サルの脳の成長背景も知ることができます。

さらに脳の可能性が明らかになっていくこと望んでおります。

投稿: 大庭 由美子 | 2009年9月21日 (月) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳はこの1冊で鍛えなさい-「脳番地日記」無料ダウンロード- | トップページ | 脳番地日記で「もっと脳を自由に使おう」 »