« 脳死とはなにか | トップページ | 長谷川慶太郎先生の「完全脳」の実録MRI »

2009年1月30日 (金)

あなたの脳がいくつになっても成長するための脳ハウ

---------------わたしの脳科学の事始-------------------

昨今では、脳トレや脳科学という言葉に代表されるように
「脳○○」や「○○脳」という文字を巷で頻繁に見聞きするようになりました。

このような脳ブームの背景には、
自分自身の「脳」を知りたいという大衆の強いニーズがあります。

従来、脳学者は、ヒトの脳に共通する知識を得ようと研究を進めてきました。

動物を使った脳の研究者らは、いずれヒトの脳に役立つという側面を持った名目で、
脳研究を進めてきました。

ところが、このような脳学者らの悠長な研究プロセスとは裏腹に、

大衆の脳への願望は、急速に「ヒトからひとの脳へ」と進んでいます。

「ヒトからひとの脳へ」とは、サルより進化していると考えられている人類として
ヒトの脳の話ではなく、個人の脳、さらに可能なら自分の脳のことを知って、
できる限りのことを自分の脳に施したいと考える潮流があります。

脳リサーチフォーラム2009(2009.2.28~3.1)では、

あなたの脳がいくつになっても成長するための脳ハウを

専門家に語っていただきます。

あなたの「こころ」と「脳」の成長に挑みます。

--------------------------------------------------------------

|

« 脳死とはなにか | トップページ | 長谷川慶太郎先生の「完全脳」の実録MRI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳死とはなにか | トップページ | 長谷川慶太郎先生の「完全脳」の実録MRI »