« 盆踊りで運動系脳番地がリフレッシュ | トップページ | 酸素脳機能局在論~NIRSから次元の違うCOE(シーオーイー)へ~ »

2007年9月20日 (木)

脳内のMRI鑑定-あたまが働かない感覚を理解する

今週の社長のひとこと----------------------------------------

「どうも、あたまが働かない!

このことに関しては、どうして、あたまがまわらないのだろう?」という

いわゆる、「あたまが働かない感」という症状は、

仕事をしていても、勉強をしていても、誰しもが一回は感じてことが

ある感覚ではないかと思います。

 

このあたまの働かない感を理解するもっとも科学的な方法は、

MRI(エム・アール・アイ)という装置で、脳を撮影して、

詳細な脳画像鑑定を受けることです。

   

脳のMRIは、脳ドッグでも行われていますが、

「あたまが働かないことを理解する」ためには使われていません。

  

もちろん、脳の学校以外で、このサービスをできるところも

世の中にはないでしょう。

  

では、なぜ、脳の学校では、脳のMRIから、あたまが働かない理由を

脳写真から説明できるのでしょう?

  

それは、脳画像鑑定のオンリーワン技術を持っているからです。

脳の病気を診断している脳の病院では、脳の病気が脳画像から

見つけられなければ、お手上げです。

  

「あたまが働かない感」とは、

一方で、普通にあたまが働くことがある日常を

経験しているからこそおこる感覚なのです。

  

脳に病気がないのに、どうも「あたまが働かない感」がある人は、

是非、脳の学校の脳画像鑑定をお申し込みください。

  

脳内を作るのは自分自身です。

すなわち、脳内メーカーは、本人しだいです。

  

そのために、脳内の働かない脳番地、脳内の働く脳番地に

関する確かな情報を手に入れて、脳を使いこなすことが

大切だと思います。

----------------------------------------------------

脳の学校 脳画像鑑定サイト

http://www.nonogakko.com/brainlife/mri.html

|

« 盆踊りで運動系脳番地がリフレッシュ | トップページ | 酸素脳機能局在論~NIRSから次元の違うCOE(シーオーイー)へ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盆踊りで運動系脳番地がリフレッシュ | トップページ | 酸素脳機能局在論~NIRSから次元の違うCOE(シーオーイー)へ~ »