« 光、酸素、波、それは、脳 | トップページ | ミネアポリス、セグウェイ乗車ツアー 体験! »

2007年6月21日 (木)

アメリカの脳ブーム、さらば静脈性下水道効果

今週の社長のひとこと------------------------------------

成田から飛行機に乗り、11時間後 アメリカの空港のショップの
一角に見慣れない光景が出現しています。

「SUDOKU]と書かれている脳トレ本が、いろいろな出版社から
手を変え、外側の宣伝を変えて、置いてあるのです。

ロスアンゼルスに長年在住している友人もこの
SUDOKUにハマっています。

このSUDOKUブーム以前にも、アメリカの雑誌には、言葉合わせのパズル
が掲載され、老人がバスや電車でボールペンを手に、ジッと解いている
光景が認められていました。

その一方で、操作が必要な携帯用ゲーム機を、大人がやっている光景は
少ないようです。

国や文化の違いによって、脳に対する捉え方が少し違っているのかも
知れません。

Photo_12

先日、シカゴのダウンタウンのホテルで開催された脳機能の
国際学会に参加しました。

一昨年からより顕著になってきたことがあります。
脳機能の学会は、その応用場所を強く求めていることです。

何のための脳機能計測なのか?この自問自答が強くなっています。 
 
その結果、fMRIに代表される静脈性下水道効果を調べて
脳に色分けする発表が減る傾向にあります。

脳を色分けしても、役立つのは、研究者の自己満足だけ
かもしれません。

その点、SUDOKUブームは、一般人に貢献しているでしょう。

昨年は、脳の形をMRIで分析する発表が目立ちました。
脳機能は、まず形からです。

今年は、脳波を使った発表が目立ってきました。
思考や行動同時に起こっている脳反応に興味があるのです。

fMRIは、脳組織から出た静脈に新鮮な血液が流れ込む反応を
観察しているために、脳機能研究者の増加やMRI装置の導入による経済効果は
みとめられました。

しかし、潤った脳機能研究者の一方で、一般人を救済する応用がほとんど見つかっていません。

NIRSやPETを使った脳計測にも、たっぷりと静脈性下水道効果が
入っています。

脳組織で行われる酸素消費の動きを定量して計測するのが
COE(シーオーイー)です。

その静脈の混じり具合いは、fMRIが最大で、PET、NIRS、COEと少なくなってきます。

fMRIは、場合によっては、100%静脈性下水道効果でしょう。

NIRSは、測定法に依存して100%に近いこともあれば、ゼロに近いこともあり
計測技術に依存しています。

PETの場合は、測定時間が長いので、その間に、静脈性下水道効果が
たっぷり混じることになります。

さらに、日本と米国では、脳機能に対する捉え方に5-7年の開きを感じます。

 
NIRSを用いた脳機能は、筆者が日本にいた1991年に発見し、世界初の国産市販用
NIRS装置(浜松ホトニクス NIRO-1000)で実証しました。

その後も国内の研究者やメーカーが光脳機能計測装置の開発に力を注いできました。

しかし、ここに来て、NIRSのレベルでは、海外の独自開発研究グループに
追い越されつつあります。

   
酸化ヘモグロビンの変化を脳血流の変化(CBF)と誤認したり、
fMRIの信号が高いほど脳活性化が起こっていると間違ったりと

いまだに、国内では初歩的な知識不足にさらされています。

海外では、NIRSから進化したCOE計測には達していません。
ただ、脳波やCOEが盛んになってきている理由は、静脈性下水道効果からの
脱出であって、意図が明確です。

今後、多くの海外の研究者がCOEに興味をもちはじめ、逆輸入されるのではないかという
懸念さえあります。

BCI(ブレインコンピューターインターフェイス)やHCI(ヒューマンコミュニケーション
インターフェイス)としての有用性を考えると、簡便で自然体での計測が可能な
神経活動を反映する脳波、神経活動と同時におこる酸素消費をみるCOEに
注目が集まっていくことになるでしょう。

神経活動から6から8秒もおくれた緩やかなヘモグロビンの変化を見ているfMRI,
NIRSでは、対応できないことは明らかです。

すでに、脳波は、BCIに用いられ、COEは、障害者の脳を理解し、
教育を可能にするHCIであることが明らかになっています。

このように、日米間のギャップは、脳ブームや脳機能への対応にも差が認められます。

------------------------------------------------------------------

|

« 光、酸素、波、それは、脳 | トップページ | ミネアポリス、セグウェイ乗車ツアー 体験! »

コメント

宇宙都市開発でも下水道浄化は大切 なぜなら下水道が病原菌が発生しているからで宇宙ではなおさら健康が大切である しかも健康というより人の能力を最高に高める開発ということになる 最高の下水道浄化技術で最高の能力を持った人々が誕生するかもしれない バイオニックジェミニ浄化技術

投稿: 増田二三生 | 2008年4月30日 (水) 08:22

宇宙文明時代に宇宙産業は人類を宇宙へ発展させてくれる原動力 あらゆる立場の人々があらゆる分野の宇宙産業を 家電は便利になり主婦層も宇宙開発 みんなパソコンを身に付けあらゆる場面でビジネス 空を飛びながらビジネス パソコンを見ながら工場の合理化 パソコンを見ながら商品開発 未来想像できないくらい発展するかもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008年4月13日 (日) 18:29

宇宙文明といわず、地球環境においても、下水道の整備によって、より健全な街づくりがなされてきました。
一方で、人工的に都市づくりを進めれば、環境破壊という弊害も生じかねません。
都市づくり、文明づくりの基本は、誰もが持つ自分の脳づくりの在り方にその秘密が隠されていると思います。

投稿: Dr.Kato | 2008年3月15日 (土) 21:46

宇宙文明で下水道や糞尿の浄化は健康社会を作る上で大切 宇宙でも健康があれば発展する 落ち葉を利用して浄化すると下水道の水が飲料水になり宇宙文明の始まりの技術になるかもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008年3月15日 (土) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光、酸素、波、それは、脳 | トップページ | ミネアポリス、セグウェイ乗車ツアー 体験! »