« 綿羊、鳩、猫、犬、どれも故郷の記憶の中 | トップページ | トヨタの口ぐせに学ぶ脳の使い方 »

2007年2月28日 (水)

タミフルの副作用かインフルエンザ脳症か?外見の異常行動では区別しにくい

今週の社長のひとこと-----------------------------------

緊急にブログに「タミフルの危険な香り」について記述した後、

やっぱり、同じような事件が起こりました。

 

インフルエンザ脳症では、その影響が、どのぐらい脳に継続するか?

ご存知ですか?

例えば、インフルエンザ脳症に罹患して、病院に30日入院し、退院

したとします。脳は、既に回復して、脳の中では何も起こっていないと

考えていますか?

 

それは、間違いです。

多くの場合、数ヶ月長い場合は、半年、1年と脳の形は変わり続けます。

  

これを、小児科の外来診察で、どんな優秀な心眼をもった医師がみても、

脳の形の変化を、脳のMRIを見ないで、フリーハンドで書くことはできないでしょう。

   

なぜなら、脳写真を見ないと分らないからです。

実は、外見から判断できる脳の病状は、そんなに多くはありません。

脳のMRIの感度が、外見からみる名医の診察力を超えるようになって

きたからです。

 

ここで、fMRIってすごいねと思ったら、誤りです。fMRIは、ぜんぜん

名医の診察力を超えません。脳の形が、意味することが、名医の

眼力を超える事実があるのです。

 

インフルエンザ脳症でも、回復期と考えられている時期でも、脳の形が

変化していることを認識しなければなりません。

   

タミフルで、異常行動が起こったのか?

インフルエンザ脳症で異常行動が起こったのか?

   

外見から判断された臨床症状として、「異常行動」のパーセンテージを

タミフルとインフルエンザで比較することは、

極端に差がなければ、さほど意味があるとは考えられないのです。

   

すなわち、現段階では、タミフルの副作用とインフルエンザ脳症との鑑別は、

外見からでは困難と考える方が適切に思います。

したがって、行政が放置していい理由もないわけです。

 

ただし、タミフル内服後1時間後の異常行動というのは、

インフルエンザ脳症の発症経過とは、すこし違う可能性があり、

ここには、依然「タミフルの危険な香り」が存在しています。

    

危険な香りとは、タミフルの異常行動、

インフルエンザ脳症の異常行動のなぞを解く鍵は、

香りの脳番地中枢と関係している可能性を直感するからです。

いずれにしても、放置するわけには行かないですね。

脳のMRIを精度よく、タイミングよく撮影して、至急、当社に

ご依頼ください。

----------------------------------------------------

|

« 綿羊、鳩、猫、犬、どれも故郷の記憶の中 | トップページ | トヨタの口ぐせに学ぶ脳の使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 綿羊、鳩、猫、犬、どれも故郷の記憶の中 | トップページ | トヨタの口ぐせに学ぶ脳の使い方 »