« 「脳番地」を育てている巷の脳学者を探す | トップページ | 綿羊、鳩、猫、犬、どれも故郷の記憶の中 »

2007年2月17日 (土)

脳番地とタミフルの危険な香り

今週の社長のひとこと(緊急)-----------------------------------

タミフルと服用後の異常行動が死に至らしめる可能性が問題になって

います。タミフルと脳との因果関係を早急に調べる必要があります。

 

小児科医でも、専門に開業したり、大学で臨床にたづさわっている医師が

正面から、この問題を論じられない「Conflict of Interest」があります。

 

その理由は、日常患者に、タミフルを処方しているからです。

 

このような状況で、この問題を解決する要点があります。

インフルエンザ脳症の脳画像とタミフル脳症(もし存在すれば、あるいは、おそらく

あるかもしれないだろう現段階)の脳画像の違いをMRIによって検出することです。

 

この違いを検出できる可能性はあります。

インフルエンザ脳症のMRIの経過は、ほぼ把握しているつもりなので、

その経過や病巣の脳番地に違いがあれば、十分に脳科学的に攻略する余地があります。

 

おそらく、動物実験の結果を待つより、(そもそもマウスと人間の脳は、形が異なるので、

人間で事実確認が必要です。)

タミフルによって精神症状と呼ばれる「脳番地症状」を認めたなら、早急にMRIを撮影して

証拠の確認とデータ集積をすべきだと思います。

 

この際にCTは、おそらく映らないでしょう。CTに感度があるような病変ではない段階で、

症状が出現している可能性を疑います。MRIの鑑定にも技術が必要なことは言うまで

もありません。小児科専門医や脳画像診断専門医でも、これを鑑定するには相当な

修練が必要だと直感します。

未知の領域には、脳画像診断の見落としもありえます。

  

当社脳の学校は、優先的に有料の脳画像の鑑定を受け付けることにします。

脳の学校 http://www.nonogakko.com/

これは、一般にも、専門家にも知ってほしいと思います。

再び同じ、過ちを繰返さないために。

---------------------------------------------------------

参考:

http://npojip.org/sokuho/no59-1.html

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/accident_of_child/?1171674441

|

« 「脳番地」を育てている巷の脳学者を探す | トップページ | 綿羊、鳩、猫、犬、どれも故郷の記憶の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「脳番地」を育てている巷の脳学者を探す | トップページ | 綿羊、鳩、猫、犬、どれも故郷の記憶の中 »