« 脳の働きとオーラの湖 | トップページ | 同窓会の裏舞台、表舞台、今知る君、いい脳 »

2006年9月10日 (日)

宮廷女官チャングムの脳鍛錬とは?

今週の社長のひとこと-------------------------------------------

半年前から、徐々に、土曜の夜が楽しみになってきた。

「宮廷女官チャングムの誓い」が、NHKで放映されているからである。

  

1400年代、朝鮮王朝の中で、必死に生き抜くチャングムの人生に

あれよあれよと回を重ねるごとに、魅かれてきた。

   

多忙なこともあって、毎週見ているわけではない。

飛び飛びに、10数回ほどしか見ていないのに、

不思議と細かいストーリーなどわからなくても、

見ることができる不思議な番組である。

2006_4

 

ところで、チャングムの人生を脳から見ると、

見事な脳の鍛え方だと感服しながらテレビに釘づけになっている。

     

チャングムは、決して、数字の計算をしているわけではない。

脳年齢などを気にしているわけでもない。

あはーと言って、のんきに脳みそを使っている暇はない。

  

にもかかわらず、見事な脳の鍛え方だと思えるのはなぜだろうか

 

同じ医者として、ここまで窮地に立っても、あきらめず、打開策を必死で探り、

比類なき「局面打開力」をはっきしていく姿に惚れ惚れする。

   

医者は、病名が同じでも、一人ひとり病気の経過や症状がすこしづつ異なるために、

ある程度創造的な思考をもって病に立ち向かわなくてはならない。

チャングムの思考と行動は、医女になる前の女官時代から、

この優れた医者のありようの片鱗を見せていた。

医者には、2つにタイプがいると考えてみるとわかりやすい。

典型的な医者は、医学部で習ったことや本で習ったことをそのまま忠実の実行する

秀才タイプの医者である。可もなく不可もなく一定水準の医療プロトコールを実行できる

医者である。

 

もう一方は、医学部で習ったことはならったこととして、

本に書いてあることは本に書いてあることとして、

十分に踏まえた上で、目の前の患者や疑問で、創造的な視点を加えられる

創造的な医者である。

  

どちらのタイプが、人間味のある医者か?誰にでも理解できるはずである。

  

チャングムは決して、ほかの医官に比べて経験年数が勝るわけではない。

にもかかわらず、比類なき「局面打開力」をはっきしていくのである。

 

このチャングムの比類なき「局面打開力」の根底にあるものは、

チャングムの強い意志と

周りから得られる協力、すなわち強い運気である。

   

強い意志と運気、比類なき局面打開力が備わってこそ、オンリーワンの創造的な人生

が歩めるのだろうと考えている。

   

このようなチャングムの人生からは、そのときそのときに、脳に新しい知識を蓄えるだけでなく、

「局面打開」するために、知識を使いこなしていることが理解される。

  

チャングムが訓えてくれた脳の鍛え方から言える事は、

創造的な人生が、創造的な脳を作るとすれば、簡単な作業で作られる脳は、

たいした脳ではなさそうである。

---------------------------------------------------------------

チャングムのサイト:http://www3.nhk.or.jp/kaigai/gtv/chikai/

|

« 脳の働きとオーラの湖 | トップページ | 同窓会の裏舞台、表舞台、今知る君、いい脳 »

コメント

社長のブログ、おもしろいです! 高校野球の話題にひかれて読みましたが、金魚やチャングムと脳の関連のお話も、いいですね。また、楽しみに読みましょう!

投稿: 高坂ママ | 2006年9月14日 (木) 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮廷女官チャングムの脳鍛錬とは?:

« 脳の働きとオーラの湖 | トップページ | 同窓会の裏舞台、表舞台、今知る君、いい脳 »