« 宮廷女官チャングムの脳鍛錬とは? | トップページ | 「フォース」が見える脳 »

2006年9月21日 (木)

同窓会の裏舞台、表舞台、今知る君、いい脳

今週の社長のひとこと-------------------------------------------

 

今年は、小学生の頃以来、「あさ顔」の種をまき、花が咲き、もうじきあさ顔

の種が収穫できる。

 

2006815

6月に「脳の学校」を創立して、多忙さは、一層増したものの、朝起きて、

見るかわいいあさ顔に、この4ヶ月間かなり癒されてきた。

種をまいて芽を出し始めると、もう毎朝、応援が始まる。

双葉になると、風が吹いても大丈夫かと気になる。

雨の日は、流されてしまわないかと、親心が過剰に

反応してしまう。

 

ようやく天に向かって、蔦を伸ばし始めるとまっすぐ伸びるよう

育てたくなる。

 

3本は、苗を買ってきて植えたが、やっぱり種を4粒、地下に蒔き、3本が芽を出した。

合計6本のあさ顔が、庭に咲いているが、やっぱり種を蒔いた3本が

育ちがいまいちでも、かわいい。

 

昨夜は、長岡高校時代の東京同窓会に参加した。

みな年齢からも重要な役職についたり、独立したりと社会とのかかわりが一層

密になる段階に差し掛かかっている。

 

450人もいると見覚えはあっても高校時代、一言も話をしたことのない「君」もおおい。

にもかかわらず、不思議なことに、こころが、あさ顔を見ているときのように安らぐのは、

なぜだろう。

 

 久しぶりに記憶の中の大事な「君」にあって、昔、話したとか話さないとか、

仲がいいの、わるいの関係なく、

ケッコウ、ウレシーキモチになるのだ。

 

再び育てたあさ顔のように、同窓の「君」らと30年越しで話してみれば、

すべてが新発見!すべてが始まり!

同じ世代に生きて、同じ記憶を抱えている脳ミソは、なぜかくも、

納得しえるのか?

 

記憶が、脳の働きに及ぼす重要な役割のひとつであることに間違いはなさそうである。

------------------------------------------------------------------

|

« 宮廷女官チャングムの脳鍛錬とは? | トップページ | 「フォース」が見える脳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会の裏舞台、表舞台、今知る君、いい脳:

« 宮廷女官チャングムの脳鍛錬とは? | トップページ | 「フォース」が見える脳 »