« 脳を考える技術を身につけるための脳の学校セミナー | トップページ | 脳から考える「ゲド戦記」 »

2006年7月30日 (日)

素人の脳の使い方、優れた脳の使い手

今週の社長のひとこと--------------------------------------------------

日ごろから、いわゆる「素人」が、その道で、長年やってきた専門家やプロを

飛び越えて、抜群の結果を残すことが少なからず起こりうる。

この理由は、脳から考えると当然のことだと理解できる。

 

長年やってきた専門家やプロが、必ずしも、その道で最高の結果を残せる

「自分の脳の使い手」

では、ないからである。

 

長年やることで、実は慢心が起こる。この慢心は、脳の使い方の慢心である。

むしろ、慢心というより「慢じた脳」(慢脳)というべきかも知れない。

 

「慢じた脳」(慢脳) にとって、怖いのは、「教科書どおり」という作業である。

教科書どおりという作業は、いつの間にか、脳を使わなくさせるのである。

基本は大事である。しかし、基本は、毎日、その基本を考えるからこそなのである。

教科書もまた、人間の誰かが言い出して、時間とともに残っている産物なのである。

専門家やプロにもっとも大事なことは、教科書を疑う脳の使い方であると思う。

  

このように考えていたら、とてもいい記事が掲載されていた。

亀田興毅の父と横峯さくらの父のことである。もちろん彼らも息子、娘が結果を

残されなければ注目されなかったかもしれない。

しかし、注目されない父や母の中にも、同じように立派な脳の使い手

がいることを知ることは大事だと思う。

 

ボクシングやゴルフのプロでなくとも、その道で勝つためにできる限りの試みを

背水の陣で望んだ父たちが行ったことが、実は、脳を使う高等技術なのだと思う。

 Brain_function  

私もかつて、光計測の研究では、ずぶの素人だった。

その素人だった15年前に発見した脳計測法が、

光で脳を計測する基本原理である。

現在は、装置化が世界中でなされ、人の脳研究には不可欠な技術として

使われ始めている。

  

さらに、最近では、理論物理学では素人なのに、宇宙物理学と量子力学の接点を

生命現象の中に見出した。

アインシュタインのE=mc2の式とシュレーディンガーの波動力学方程式の2つの式を

満足させる統一式が存在するはずであったが、

宇宙物理学と量子力学の接点とは、その統一式のことである。

   

しかし、この2大巨星の死後、存在しているはずだが、

誰も見つけることはできなかった。

数学上もっと美しいとされるオイラーの公式を用いて、幾何学的に生体の酸素交換現象を、

酸素交換波動方程式として記述した。

よくよく考えてみたら、この酸素交換波動方程式は、量子と宇宙の接点を表現している

ように思えてならなくなってきた。

 

わたしの持っている数学と物理の知識は高校3年程度であるのに。

素人は、いつでも、優れた脳の使い手に変身できる可能性がある。

未来を見つめて目標を持つ限りにおいて。

-------------------------------------------------------------------

参考

「亀田父をさくらパパが分析」

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060730&a=20060730-00000041-nks-spo

近赤外線分光法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E5%88%86%E5%85%89%E6%B3%95

|

« 脳を考える技術を身につけるための脳の学校セミナー | トップページ | 脳から考える「ゲド戦記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素人の脳の使い方、優れた脳の使い手:

« 脳を考える技術を身につけるための脳の学校セミナー | トップページ | 脳から考える「ゲド戦記」 »